5月 282010
 

最近、新聞や雑誌、テレビなど、様々なメディアで取り上げられているTwitter(ツイッター)ですが、実際に利用しているユーザーの数はまだまだ多くないようです。メディア関係者やIT系の仕事をされている方の間では普及率は高いように見受けられますが、一般の方には、「そもそもTwitterって何?」と思われている方も多いことでしょう。

Twitterというのは、一言で言うと「ブログの簡易版」というようなものです。インターネット上に一言(140字まで)の「つぶやき」を投稿することで、自分の家族や友人のみならず、「フォロワー」という、自分のつぶやきを読んでくれるメンバーとして登録してくれた世界中の人々に情報発信をすることが可能です。その投稿の手軽さ、短いゆえの読みやすさから、ブログとは桁違いに多くの人にアクセスしてもらえる(鳩山首相のフォロワーが65万人に達し、ガチャピンのフォロワー数を超えて日本一になった、というニュースは記憶に新しいところです)ため、ビジネスに利用する方も増えています。

ビジネスへの利用方法としては、自社の新製品の紹介や店舗でのセールの案内、といった直接的な広告はもちろんですが、そればかりではあまり読んでもらえず、フォロワー数も増えません。普段お客さまに直接伝えることのできない生の声を「つぶやく」ことで、自社やお店に親近感を持ってもらえ、リピーターの増加につなげる、といった、これまでの媒体とは一味違った活用方法が広がっています。建築関係の方ならば、工事の進捗状況をつぶやけば施主様にも喜んでもらえると思います。

急激にユーザー数を伸ばしているTwitter、今後数年以内に、ビジネスに必要不可欠な存在になるかもしれませんね。

監査部 田中

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama