7月 052011
 

前回手術前の話でしたが、右目・左目とも無事に終了しました。

終わってみればなんともあっけない手術で、あれほど怖がっていたのが不思議です。

実際の手術時間は片目15分ほど(虫歯の治療のほうがはるかに痛い)。
1時間ほどベッドで休みを取り、眼帯をしたまま退院(日帰り入院の扱い)。

翌日の通院で眼帯をはずすとなんともクリアな視界が!!

太陽がまぶしく、視界は常に白っぽかった世界が、目の前の看護師さんの肌の質感まで見ることができ先生に感謝。

しかしながら、年配の人しか解らない「マス**アンテナ」のテレビコマーシャルで「見えすぎちゃって困るの-・・」というフレーズを思い出したのですが、ここ数年、鏡の中の自分の顔があまり良く見えない(不細工という意味ではなく・・)のが当たり前の日常でした。ところがなんと!!

肌の老化・しわ・・ あー  そこには髪の毛も薄くなった老人が・・。

今まで気にしなかった鏡の汚れが気になり、部屋のほこりが目に着いて・・。

糖尿病を抱えているので、いずれまた目の病気には悩むでしょうが、しばらくはクリアな視界で景色やら花を楽しみたいと思う今日この頃です。

 

横浜総合会計役員Y

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

3月 072011
 

ここ2年ほど2か月に一回内科(糖尿病の検査・薬の受取)と眼科(網膜症の検査)を受けておりましたところ、白内障の症状が悪化してしまい、その結果、車の運転や実務にも支障をきたしてきました。

眼科の先生と相談した上で手術を受ける決心を固め予約をしましたが、予約患者が多く4月に右目、5月に左目としばらく不自由になりそうです。

病院というのは内科も眼科もご老人が多いのですが、特に眼科は私と同じ白内障の方が多く(たぶん)、周りはご老人ばかり。

その中でおそらく80歳前後と思われる一組の老夫婦が私の目に留まったのです。

なぜかというと奥さんはご主人の手をにぎり安心しきったようにもたれかかり、にこにこしており、なんとも微笑ましい光景でした。

年齢を重ねると子供に戻るとも言われておりますが、その顔は童女のようで思わずこちらも微笑んでしまいました。

気が小さく独り者の私としてはこのように寄り添ってもらえる伴侶をつくづく欲しいと思わされた一日でした。

横浜総合会計 役員Y

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama