2月 082012
 

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から、まもなく1年を迎えます。

テレビ等でも11日が来るたびに「震災から何か月・・」等忘れることのできない被害として繰り返し報道しています。

先日神奈川新聞の一面に神奈川県内から福島県へのふるさと納税(寄付金制度)が東京に次いで全国で2番目との報道がありました。

実は福島原子力発電所の電力は関東地域で使われていたため、メッセージにもその旨添えられているとのこと。
(横須賀の「がれき」受入れが進めばいいなと思っています。)

私ごとながら昨年の4月初め、郵便局に赤十字への寄付金振込用紙が置いてあることを知り、金額的にはわずかながら、受付期間である9月30日まで毎月寄付をしようと心にきめ、実際7か月継続させていただきました。

災害の大きさからすればいかほどの金額かとも思いますが、気は心だと思っています。

神奈川新聞の記事を見て今度はふるさと納税をしようと思っています。

ちなみに、日本赤十字社に対する寄付も、ふるさと納税もいずれも寄付金控除の対象となります。

横浜総合会計 役員Y

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

 

5月 102011
 

東日本大震災では多くの尊い命が失われ、ご遺族の方々の悲しみの大きさを考えると言葉もありません。
被災された地域が一日でも早く復興できるようにお祈りするとともに、できる限りの支援を継続していきたいと思っています。

今回の震災は阪神大震災以上に広範囲にわたっているため、企業活動も大きな影響を受けています。

製造業・建設業においては部品や材料の調達に支障をきたし、飲食業・観光業では自粛ムード等による宴会・宿泊予約のキャンセル、小売業では放射能汚染の風評被害など、その影響は多岐にわたっています。

震災関連の倒産は、直接的な被害によるもの、間接的なものを合わせて既に60件近くに上っています。

福島第一原子力発電所の状況も不透明な中、最終的に日本経済がどの程度のダメージを受けるのか、専門家の間でもその予測は流動的です。

また、これから夏に向けては東京電力管内において電力の供給不足が予想され、一層の節電が求められています。震災直後のような計画停電はどうやら回避される方向のようですが、大きな余震の発生も予測されており、経営上の課題として消費電力の抑制のみならず、リスク対策として急な停電への備えも欠かせない状況になっています。

節電の方法としては、LED電球の使用、冷房温度の制限など簡単にできるものから、クールビズや在宅勤務の推進など企業全体としての取り組みが必要なものまでさまざまな方法が考えられます。

一方、停電対策は主に大規模な設備投資を伴うものが多く、慎重な資金計画が必要とされるケースがほとんどです。

そんな中で比較的容易に導入が可能な停電対策が、UPS(無停電電源装置)の利用です。

ノートPCはもともとバッテリーを内蔵しているため、停電があっても数時間は使用可能な上、万一バッテリーが切れてもデータが破壊されることはまずありませんが、デスクトップPCは急に停電してしまうとそのときの作業内容が失われるだけでなく、ハードディスクが破損して起動できなくなる可能性もあります。

UPSは「無停電電源装置」という名の通り、停電があってもバッテリーからの電力供給に切り替わり、PCを停電のリスクから保護できます。停電時にPCを安全にシャットダウンする等の用途であれば2~3万円で購入可能で、30分程度の動作時間が確保できます。

企業活動にPCが不可欠な時代、そこに保存されている貴重なデータを守るためにも、できる限りの対策をしておく必要があると思います。

ただ、そうした経営者の焦りに敏感に反応し、必要以上に高性能な高額システムを売り込む業者も増えているようなので、ご注意ください。

監査部 田中

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

3月 252011
 

こんにちは。紙屋です。

まずはこの場を借りてこの度の震災で被害に遭われた方々に遅ればせながら心よりお見舞い申し上げます。

未曾有の規模の大震災から早2週間が経ちます。
テレビ等の報道で状況が明らかになるにつれ、被害の大きさに驚愕するばかりです。

私は当日、お客様のクリニックで仕事をしていました。

激しく長い揺れで外に飛び出すと、電柱や高架橋があり得ない揺れ方をしていました。

尋常でない状況を感じながらも確定申告業務をこなす為、事務所に戻ろうとしましたが、待てど暮らせど電車は動かず、結局駅で6時間足止めを食らい、最後は事務所の車で迎えに来てもらい午前0時過ぎになんとか家にたどり着きました。

それでも家に戻れただけ幸運でした。

ここ横浜を含む関東圏でも計画停電やガソリン不足等で、日本経済ひいてはお客様の方々に及ぶ影響は図りしれないものとなっています。

そんな中、今自分に出来ることは何かを自問自答して参りました。

事務所では必要以外の照明を切り、暖房も止めております。
また自宅でも同様に出来る限りの節電、節約に努めております。

その上で出来る限り普通の生活を営むこともとても重要なことだと思います。

一人一人の元気が集まって早く日本全体が元気になるように。

そんな思いを込めて今まで通りお客様の為に出来ることを精一杯一つずつ丁寧にこなして行こうと思います。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈りしております。

横浜総合会計 監査部 紙屋 司朗

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

3月 222011
 

70代半ばの母が携帯電話を使い始めて4年が経った。

携帯電話を持っているのが当たり前になった今、持っていない人と横浜駅周辺や人出の多い街中で待ち合わせるのはいささか不安や不便を感じるようになった。

以前から携帯電話を持つように言っていたものの頑なに拒否していた母も何十年かぶりに同窓会へ参加するため新幹線に乗り現地で友人と待ち合わせることになったことで「持ってみようかしら・・」という気持ちになり使うようになった。

そもそも母に携帯電話を持たせたかったのは、千葉に住む友人が前回の宮城沖地震の際、岩手の実家や宮城の親戚に安否確認のため連絡を取ろうにもなかなか電話が繋がらず、携帯電話のメールが最初に繋がったという話を聞いたからだった。

自宅も職場も同じ横浜ではあるものの帰宅の遅い私としては何としても母に携帯電話のメールを覚えて欲しいと思ったのだ。

携帯電話を購入し早速メールの使い方を教えたものの2,3日使わないとすぐ忘れてしまうので、一日一回以上必ずメールを使うように促し、絵文字は苦手だが何とか使いこなせるようになっていた。

そして、今回・・・まさか現実としてこんなに早く安否確認のために携帯電話を必要とする日が来るとは思わなかった

揺れている最中にすぐ自宅の固定電話、携帯に電話したが繋がらない。10分後メールが繋がり無事です・・・」の返事がきた。やはり一番早かった

生の声ではないが、相手の意思や状況が受取れるというのは大きい存在だ。練習してきて良かった。

今はただ、被災地の方々が一刻も早く大切な人と連絡が取れるよう祈るばかりです。

横浜総合会計 監査担当M

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

3月 182011
 

3月16日、東北の大きな地震が起きて6日目、朝、カヨちゃんよりメールで、岩手県宮古が実家の友人(今は東京在住)に連絡を取ったら、両親と直接話しはしてないけれど、家族は無事で避難しているらしいという内容で、心配してたので少し安心しました。

3月14日より計画停電実施という事で、我が家も停電に備え準備しました。

まず懐中電灯。

暗いのが苦手な愚妻は遅番のパートの時には、今でも暗くなれば母(80歳)に駅まで迎えに来て貰っていますが、いくら何でも真っ暗闇の停電の時に母を行かせられないので、キーホルダーの小さな懐中電灯は愚妻が常に持ち歩く事にしました。

もう一つラジオとサイレンが付いた、光の強い防災用懐中電灯。

これは大昔、誰かの結婚式の引出物の一つであったように思う。貰った時はセンスがないなと思ったが、中々実用的でありがたい。次の結婚式の引出物には防災用グッズにしようかと思う。

しかし電池は単二が三本必要で、家には一本しかなく、14日にヨドバシ、他の店も見てみたが、単一・単二の電池は売切れで、未だに電池は品切れ状態で懐中電灯使用不可。

ランタン。

これも引出物なのか箱に入っており、未使用。有った事さえ知らなかったが、いざという時にはこれは役立ちそう。ただし単一電池4本必要。

単三・単四電池の予備はあるけれど、単一電池はなく、しかたなく孫と遊ぶエアホッケーゲームが単一電池なので、それを拝借し何とか点灯。

ラジオは名詞サイズのがあったはずで、正月の駅伝の時には、イヤホンして第二区に応援に行くのだが、今年の正月より見当たらず。

ロウソクは、妻と娘が衝動で買い、飽きて最後まで使ってないアロマ用のキャンドルが、たくさんあるのでOK。
初日はサンタクロースとトナカイのキャンドルが良いかなと、思っている。

震災地の人の苦労を思い我が家では、少しの協力ではあるけれど買いだめはしない様にしている。

幸いな事に私の住んでいる町は、浄水場があるせいか停電は無い様で、未だにサンタクロースのキャンドルは灯っていません。

23年3月17日   B山B三

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama