2月 102011
 

最近TVで今流行りの人気ユニットがカバーして歌っている“バレンタイン・キッス♪”がよく流れています。

それでこの曲懐かしいなって思って・・・。

当時リアルタイムでしょっちゅう聴いていて、バレンタインといったら“バレンタイン・キッス♪”の曲がまず連想されるくらい私の中ではこの曲に強烈な印象があります。

私にとってバレンタインデーはあまり特別な記憶はないけれど、この曲をきっかけにちょっと思い出して、過去をさかのぼってみたいと思います。

私がはじめてバレンタインデーの存在を知ったのは、まだまだ初々しい小学6年生の時でした。

まだ子供の私は学校が終わってからカバンをおいて、友達ととりあえず近所の相鉄ローゼン(笑)にいき、お菓子売り場の前でチョコをあれこれ選んでいたような記憶があります。

同級生の男の子達も相鉄ローゼンに偵察にきていて悪戯な顔で見てるみたいな・・・・、そんな小学生には良くありそうな光景を思い出します。

でも現実は当日にチョコを渡して告白する勇気などとてもなく・・・、絶対にムリと思ったので買わなかったのか?それとも買ったけど自分で食べてしまったか?(・・確か後者、)あまり昔すぎてその辺はうろ覚えです。

もうひとつ思い出すのは、十代の頃たった一度だけ、手作りチョコレートならぬ手作りクッキーをつくって渡したことがあります。

クッキーにしたのはみんなと違うことをしたかったから。そして思い切ったのはこのビッグイベントに将来誰にも何もしなかった自分の歴史を作りたくなかったから(笑)。

でもそれを渡した男の子のことを本当に好きだったのか今では疑問です。

しかもこのクッキー、はじめて作っただけに大失敗でした。

なんと砂糖を入れ忘れたんです。焼いてる最中に思い出しましたが時すでに遅し。

ラッピングや見かけはばっちりだったけど、砂糖ぬきか・・・。渡す時「砂糖入れ忘れたんだけど、ジャムかチョコ塗って食べて」なんて言った記憶があるんですけど、、、。

私ってめちゃくちゃですよね。でも作り直す時間はなかったし、だからといって渡せないのも悲しいし、まあ今となっては青春の1ページです。

ところで、バレンタインデーは実はチョコレート会社が儲かる日、儲けるための日なんではないでしょうか?

なんてロマンも何もないですね。

総務部 T

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama