4月 072014
 

 消費税率が改定されてから、早一週間が経ちました。特に高額な買い物の予定がない私にとっては、今のところ大きなダメージはありませんが、コンビニなどで買い物をしてバーコードを‘ピッ’と通した時に表示される金額が、消費税が8%になったことで1ケタ上がるとちょっとドキッと反応してしまいます。

  また、平成16年4月から、資産又は役務に係る消費税及び地方消費税等を含んだ合計額を表示する、いわゆる『総額表示』が義務付けられていましたが、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のため、事業者の事務負担への配慮の観点等から、価格の表示について、一定の条件の下、つまり、現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置を講じていれば、平成29年3月31日までの間『外税表示』を認める特例措置が設けられました。

  それでも消費税等を含めた総額表示を見慣れているので、いざ会計をする段になって想定していた金額と違うと、‘そうか・・POPに書かれていたのは税抜き金額だったんだ・・’とこちらにもいちいち反応してしまいます。

わかっているつもりでも、案外、全体像を見てないなとつくづく反省する次第です。

  消費活動が縮小しない様、各事業者があれこれ対策を講じている姿が目につく今日この頃ですが、とにかく一消費者としては、この増税分がいかに有効活用されるかということを見守るばかりです。

監査部A

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)